キャットフードのまとめ買いは有効か?

 大容量のキャットフードって、見たことありませんか?
ペットショップやホームセンターに行くと置いてあるもので、同じキャットフードでも割安になるのでお得に見えます。
でも、それは猫にとってはいいことなのでしょうか?

 実際のところ、キャットフードは開封して時間がたつと酸化してしまい、猫の体にとっては必ずしも好ましいものではなくなってしまいます。
また、酸化することで猫が食べなくなってしまった結果、大量に廃棄することになり、とても「お徳用」とは呼べない状態になってしまうことも考えられます。
保存料などの添加物の入っていないプレミアム系のキャットフードだと、カビが生えやすく、食べた猫がお腹をこわしてしまうということも考えられます。

 結論を書けば、いくら割安になるといっても、大容量のキャットフードをまとめ買いするのはデメリットが大きいです。
大容量のものは「お徳用」ではなく、多頭飼いなどキャットフードを大量に必要とする人のためのもので、ちゃんと適量を購入するのが猫にとってもいいようです。

ページのトップへ戻る