安いキャットフードには安いだけの理由がある

 我が家の飼い猫がかわいくないなんて人はあまりいないと思いますが、家計簿とにらめっこをしていると、やはりキャットフードの費用は気になるものです。
家計への負担を抑えるために少しでも安いものをという気持ちは理解できますし、実際にかなり安価なキャットフードも販売されています。
でも、それは果たして猫にとって安全なものなのでしょうか。

 実は、安いキャットフードにはいろいろな問題があります。
まず、原材料に使われている肉の質が良くありません。
腐りかけで売り物にならない肉を利用しているケースもあるそうです。
こういう質の悪い肉をおいしそうに見せるための着色料が含まれていたり、質の悪い材料でも長持ちさせたりするための防腐剤などが含まれており、当然のことながら猫の体に悪い影響を与えます。

また、見かけ上の量を増やすため、猫にとってあまり栄養にならない植物由来の材料が使われているなど、栄養価も決して高いとはいえないのが実際のところです。
猫は肉食動物ですので植物由来の材料は消化しづらく、胃腸の負担になってしまいます。

 安いものには安いなりの理由があるのです。
もし飼い猫を大事にしたいと考えているのなら、ちょっとぐらいお金が張ってもいいですから、しっかりとしたキャットフードをあげましょう。

ページのトップへ戻る