キャットフードは国産か外国産か

 確かに国産キャットフードはおいしそうに見えます。
外国産が味のバリエーションに乏しいのに比べて、国産はいろいろなバリエーションがあり猫が飽きないように思えます。
価格も外国産に比べてリーズナブルなので、経済的な負担も小さいです。
実はここには大きな落とし穴があるのです。

 実のところ、キャットフードに関しては外国産に軍配を上げざるを得ません。
主原料にそれなりの質の肉や魚を使用しているため栄養価が高いこと、見た目重視でないため着色料を使っておらず安全性が高いこと、カロリーについてもちゃんと考えられて作られていることなどが理由です。
確かに国産に比べて高いですが、高いだけの理由はあるのです。
また、キャットフード安全性基準が日本よりアメリカ、イギリスなどの外国の方が厳しいため、安心度も外国産の方が高いです。

 ただ、問題は長距離を運ぶ際に品質が劣化しないよう、保存料などが国産よりも多く使われている可能性が高いことです。
猫の体に悪影響を与える可能性もありますので、外国産キャットフードの成分には十分注意を払ってください。

ページのトップへ戻る