肥満猫用のキャットフードとは

 最近は完全室内飼いの猫も増えてきました。
特に都市部では交通量の多いところが多く、昔のように外飼いをしていたのでは交通事故に遭う可能性が高くなってしまいます。
野良猫から病気をうつされる危険性もありますので、猫に長生きしてもらいたいなら完全室内飼いは有効な選択肢です。

 とはいえ、問題がないわけではありません。
家の外に出ないわけですから、運動不足で肥満になってしまうことが多いのです。
人間でも肥満している人は成人病になる可能性が高いですが、猫にも同じことがいえるのです。
だからといって餌を減らすと猫にとってストレスになってしまいます。
そんな時に役に立つのが肥満猫を対象にした「ライトフード」、いわゆるダイエット用キャットフードです。

 ライトキャットフードといっても特別なものではなく、ペットショップやホームセンターなどで普通に販売しています。
カロリーを抑えて、必須の栄養素だけを配合していますから、食事の量をほとんど減らすことなくダイエットができるのです。
ただし、ライトフードだけでは栄養不足になる可能性もあるので注意が必要です。
選ぶ際はキャットフードに必要な成分をよく確認し、食物繊維の多いものだと猫の胃腸に負担を与えますので、成分表示をよく確認しましょう。

ページのトップへ戻る